ダメなのは知ってるけど

ささくれ千切っちゃったりする

完全に未来だな(音声だけで記事を書いてみる)

スポンサーリンク

我々は未来人だ。

何を言っているのか?と、思われるかもしれない。

が、過去の人間から見たら、間違いなく我々は未来人なのだ。

なぜ、こんなことを突然言うのか?

訳は、たった今、とても未来っぽいことをしているからだ 。

ブログの記事などで、最近、キーボードによる入力ではなく

音声入力をして記事を書くというのを見たので

さっそく自分でもやってみようと思い、実践している最中なのだが、これが実に見事で

今もスマホの画面を見ながら喋っているのだが、今のところ全くミスもなく

しっかり漢字も変換してくれている 。

 

スマホからGoogle の音声入力を使っているのだが

本当につぶやくように喋っていて、機械に聞き取りやすいように

しっかりはっきり発音をしているわけではないのに

音声を文字に変換できるというのは実にすごい

せっかくなので、この文章は全く構成をせずに出すつもりだ。

あまりにもミスがないので少し意地悪をしてみよう。

貴社の記者が汽車で帰社した

これはなかなか賢いな。

日本語でこのレベルで認識できるということは

世界言語である英語の認識は これ以上なのだろう。

恐ろしいことだ。

もうひとつ意地悪を

寿限無寿限無五劫の擦り切れ海砂利水魚

すげー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上最初からここまでが、音声入力でした。

句読点と改行だけはブログにコピペしたのち手動で行いました。あとタイトルね。

本当にほぼミスが無い。

なんなら、たったのこの3行のほうが、タイピングミスがあって直す回数が多かったぐらいだ。

コンビニの駐車場で、スマホにてメールを立ち上げて、本文に、音声入力にて

ボソボソと内容を入力。そして自宅のメールへ送信し、PCにて作業中。

これだけ

すべて最初っからスマホに入っているものだけで、わざわざコレをやるために新しい物を買ったり、アプリをインストールしたり、そういったことはまったくやっていないのに

なんとなく恥ずかしくて小声でボソボソ話していたのに、この精度。

なるほどやってみるか!と思い、やり方を調べるまでもなくやってみてコレだ。

口述筆記の作家さんも、昔からいると聞くが、のちにカチャカチャと入力する人があってのことだろう。

すごいぜ、未来、速記の人は職を失うね、これは。

 

子供のころから考えたら、30年以上未来に来たのだ。

子供のころに戻ってコレをして見せたら

未来人扱いは間違いないことだろう。