ダメなのは知ってるけど

ささくれ千切っちゃったりする

はじめの一歩 再評価 (VS小橋健太)

スポンサーリンク

はじめの一歩が叩かれている

なぜ叩かれているか?

面白くないからだ。そして、昔はめちゃくちゃ面白かったからだ。

話が長くなりすぎてパターンを使い果たしてしまったのだろうか?面白い試合展開には限界がある。同じパターンを使いまわすのもダメ。サブキャラクターを主役化する試みにも成功したが、それにも限界が来た。

スラムダンクの作者が、これ以上の試合が書けないからと絶頂期で連載をやめたのは、その通りなんだろう。同じ競技の括りで何試合もと言うのは厳しいことだろうな。

能力バトル系の漫画なら、その能力によってあらたな縛りをつけれたりするけど、ある程度リアル系のスポーツ漫画ではそれもできないし。

 

でも、はじめの一歩は本当に面白い漫画だ(った)

練習、熱い試合、合間のほのぼのシーン、すべてが良かった。

いじめられっこの気弱な男の子、幕の内 一歩が、ボクシングを始め、努力と天性のパンチ力を武器に、強敵に立ち向かっていく。

まあベタなお話しだ。だがそれが良い。

 

小橋健太戦だが、これはまだ物語では序盤、一歩がプロになってから4戦目の対戦相手であり、一歩が過去の3戦をKOで勝ち抜いているため、ほんの少しだけ注目をされてきたころだ。

さて、この対戦相手の小橋クン。

スポーツ漫画では古くから数々の漫画に登場するタイプの選手で

データや研究、頭脳で戦うタイプのやつだ。

相手のデータをすべてコンピュータに入力し、コンピュータからジジジと紙が出る。勝利の確率は99.9%デス。なにー!俺達の打球の飛ぶ位置に先回りして居やがる!フフフすべて計算済みですよ。よっしゃあ!根性だ。そんなのデータに無い。コンピュータドカーン。の系譜

いじめられっこで、努力して頑張る一歩に読者は感情移入している。読者は一歩が好きだ。

しかし、小橋は、何も持っていない男だ。

今までの対戦相手とは違うのだ。初めての格下。

実は一歩にはボクシングの才能があった。頑丈な身体に天性のパンチ力。それと根性。

小橋はボクシングは大好きだが、才能がない。同じジムのボクサーにも馬鹿にされている。

 

こいつは俺だ。読者はどうしても小橋にも感情移入してしまうのだ。

一歩に勝つために、研究し対策を練る。強烈なパンチ、一発もらえば即終了。反則だ。

小橋は対策を考えながらも、そのパンチの事を考えると恐怖で足が震える。

読者も初めて対戦者の側から一歩を見ることになる。

タフでこちらの攻撃にはことごとく耐え、一撃必殺のこぶしを休む間の無く振り回してくるスタミナ。

なんだあ?我らが一歩君は化け物じゃないか!

 

そして試合だ。

打ち合いは避け、ポイントを取り判定勝ちを狙う。試合は小橋が狙った通りに進む。

対策のかいもあり一歩は空転する。精神をすり減らしながらも、小橋は一歩のパンチを捌いていく。不恰好ながらも軽いパンチをぺちぺち当て、相手のパンチはクリンチなどで必死にしのぐ。ボクシングはKOされないければ判定で勝てる。ポイントは取っている。

ここまで来ると読者は小橋と一緒になって話を見ている。完全に小橋サイド。

だが、同時に読者は知っている。ここで主役たる一歩が負けるわけが無い。

このままうまくいくはずが無い。なにかある、なにかがおきてしまう。

最終ラウンドだ。崩壊は思わぬ所から始まる。

それは小橋のパンチなのだ。

主人公のデータに無い行動や、コンピューターでは予測できない友情や情熱の類ではない。自らの行動。出来すぎた展開。

小橋のパンチが一歩のあごにクリーンヒットする!まさかだ。

非力なパンチでも、あごに決まれば効くのだ。

あきらかにぐらつく対戦者(ああ主人公である一歩が、ついに対戦者扱いだ)

効いてる!倒せる!この僕が!KOできる!打ち合いに行こうとする小橋。

データに無い行動を起こしたのは、主人公ではなく、小橋のほうなのだ。

ここで小橋のトレーナーと、僕ら読者は完全にシンクロする。

いっちゃいかん小橋!!

トレーナーが叫んだ言葉と、同じ言葉を心の中で叫ぶ読者

 ああダメだ。負ける。いったら負けるんだ。

 

 

試合は終わる。逆転KO負け。

あんまりいいのが入っちゃったもんだから夢みちゃいましたよ

と小橋。

あのまま打ち合いに行かなければ、おそらく勝っていただろう一歩の対戦者。

自分がきっかけで自爆するデータタイプの選手。

漫画的にも面白い例だろう。いけ好かないように描かれることが多い(例外もまた多いが)データタイプの選手だが、好感度MAXだぜ。

スポーツ漫画にありがちな選手、展開ではあるが、しっかり味付けをしなおして仕上げてある。

長くなりすぎて、同じ展開を嫌うあまりか

こねくり回すことしか出来なくなっている

今のはじめの一歩だが

 初期は過去の漫画作品をしっかりブラッシュアップしてある

超名作だ。

 

ちなみにこの小橋健太、のちに日本チャンピオンになる。

読者もすっかり存在を忘れた頃に。

そういうサービスもうれしかったね。

 

鷹村と松岡修造 ほぼ同一人物説

    ↓

www.yudetaro.com

 

はじめの一歩(3) (講談社漫画文庫)

はじめの一歩(3) (講談社漫画文庫)