ダメなのは知ってるけど

ささくれ千切っちゃったりする

独自ドメインの効果とは (はてなブログ 独自ドメイン一週間後)

スポンサーリンク

 一週間ほど前にこのブログは独自ドメインを取った。下の記事の通りだ。

 

www.yudetaro.com

 

まずはこの画像を見て欲しい。当ブログのアクセス数である。

f:id:udonyudetaro:20180311184043j:plain

はてなブログの機能 アクセス解析の画像

この光景を目にしたとき

「あ・・ああ・・あ・あ」

と、まず、強敵を目の前にしたときのクリリンのように固まり  

「バカなっ!なんでこんなことっ!」

頭の中でまるで福本マンガのように ざわ、、ざわ、、が鳴り響いた

「気を付けろっ!何処からかスタンド攻撃を受けているぞっ!」

と、急にバッ!と振り返ったりした

 

動揺するのも無理は無いとわかって欲しい。あからさまな急落ではあるが

本来はもっと恐怖の光景だったのだ。

なんと見たときはアクセス数が0だったのだ。

・・・・・死んでる・・・この子、死んでる・・・・

そのちょろっとのアクセスは自分がPCや携帯から確認のためにしたもので

見たときは0だったのだ。

 

落ち着け、落ち着くんだ。落ち着いて状況を確認しろ。なんだ、何があった?

・・・・・独自・・・ドメイン・・・・

独自ドメイン? 独自ドメイン!・・・おめえか!おめえの仕業かぁーーー!

 

おそらくはこういうことなのだろう

 

このブログは、駅前一等地大規模商店街はてなブログの一角をお借りしていた

たいしてうまいわけでもないラーメン屋である

とにかくこの商店街は集客が多いのである

近くに来た人が、ちょっとラーメン、ラーメンならなんでもいい

とにかく今はラーメンの口だから、と、ランチ時などにお客が来てくれていた

ある日、店主は意外と一軒家が安く借りられるんだということに気が付き

特に何も考えずに、商店街の裏通りの一軒家にラーメン店を移転した

やっぱ一国一城の主じゃん♪ なんて浮かれながら

移転して数日は同じような客入りだった

なんのことはない、前の営業店舗に張り紙がしてあったのだ

一本裏に移転しました、と

まだ大規模商店街の集客の恩恵に預かっていたのだ

その張り紙が剥がされた日が、急落の日だ

うまいわけでも、安いわけでも、面白いメニューがあるわけでもない

ファンの常連さんが居るでもない。客が来ないのは当然だ

うまいラーメンを作っていれば、ここまでのことは無かったのだろう

ほぼ一見さんのみであったからこんなことになるのだ

 

また、店の住所が悪かった。たとえばアドレスをグーグル検索をすると

 

f:id:udonyudetaro:20180311182712j:plain

グーグル検索時の画像

 

yudetaro.com? ああ yudetaro.jp の間違えっすよね!

あの蕎麦のチェーン店ゆで太郎のホームページに行きたいんですよね!

もうっ!打ち間違えたら、ダメじゃないですか、COMじゃない!JP!

おれっちgoogle大先生!賢いんで直しておきましたよ!」

 

って余計なお世話なんだよ

 

でも、東京都で 新宿 と書いて にいじゅく と読む地名があったら?

乗り込んだ客が 「にいじゅく まで」と言ったとしても

タクシーの運ちゃんは しんじゅく に向けて走り出すだすだろう

言い間違えだろうと思うよね

悪いのは俺だ・・・

 

すいませんすいません、前回の記事で 株式会社ゆで太郎システム はjp

我がブログはcom うちのほうが格上感あるなあ

なんて書いてすいません

こんな似たようなアドレスを付けるから検索がかき消されるのだ

実際、独自ドメイン以前は、ある言葉で検索かけると、このブログの記事が

検索のトップに来ていたのだ。今、同じ言葉で検索しても跡形もねえ!

2ページ目にも3ページ目にもねえ!

存在がねえ!

消されちまった!おいら消されちまった!

 

ああ、おれのブログは はてなさん に、おんぶに抱っこだったんや

一人で立ってるって思ってたけど、違ったんやな

 

独自ドメインの効果とは!

自分を見つめなおせること

 

ブログだけのことにじゃなくて

自分が出来てるって思うことでも

案外まわりのサポートのおかげだったりする

そんなことに気が付けた、ちょっと素敵な日だったのです!

 

おもしろい人気ブログ書いてる人は気が付けないだろうなー

あー良かったー

良かったー 気が付けてー

得したー 得したわー

よかったー 

アクセス無くて