ダメなのは知ってるけど

ささくれ千切っちゃったりする

東濃の魅力(お湯割ラーメン編)

スポンサーリンク

東濃とは岐阜の東のほうを指す地名である!(美濃の東で東濃)

東濃の魅力をお伝えしたい第二段!

前回はカツ丼で、今回はラーメン!食い物の話ばっかりだな!!

f:id:udonyudetaro:20180512225101p:plain

前回の記事はこちら↓

 

www.yudetaro.com

 

お湯割りラーメン???

 タイトルのお湯割ラーメンの文字に????となっている人も居るだろう。

どういうことかと言うと

返し(醤油だれ)を、お湯で割ったスープのラーメンなのだ。

私も、その存在をはじめて知ったときは

「なんだそれは!ふっざけんなよ。ラーメンはスープは命!その命の中心が出汁だろ! お湯割り?そんなんが美味いものか。醤油をお湯で薄めたスープなんて飲めたもんじゃない」

と思ったものだ。

実際、普通の醤油ラーメンのスープってどう作るかというと?

当然、店によって色々ある訳だが、基本的には、

・醤油だれ

(これは”返し”と呼ばれ、醤油に酒とかチャーシューの煮汁を混ぜて作ったりする)

・動物の骨を野菜などと一緒に煮込んで出来たスープ

返しとスープを作っておいて、返しをスープで割って作るのだ。

ドキュメンタリーなどでラーメン屋の修行シーンを見たことがないだろうか?

すごい手間を掛けて出汁をとっている。下ごしらえをし、つきっきりで灰汁をとり、各店ともに独自の工夫を行う。ラーメン屋の命ともいえる行為だ。一番手間とコスト、工夫を凝らす箇所である。

お湯割りラーメン美味しいの??

そのスープを作る行為を行わず、ただただお湯で返しを割るだけ。

美味いはずがない!と思う気持ちはよくわかるのだ。(俺も最初そう思ったし)

しかし、東濃には名店と呼ばれる老舗があって、お昼などは行列を作って、そのお湯割を食そうとしているのだ。

チャーシューを作るときに出来る煮汁。

豚肉を醤油や酒などで煮る。その残った煮汁。

たしかにうまいが、それをお湯で割っただけのものが、

果たして、ラーメンのスープと言えるのか?

 

答。言える。

美味いんだなこれが、お湯で割っただけとは思えない味。

あっさりだがしっかりした美味さ、あっさりを補うのは大きなチャーシュー

この系統のラーメン屋さんはチャーシューが大きいのだ。

そりゃ煮汁もたくさんとれるね。

チャーシューをひと噛み、スープを啜る、麺を頬張る。止まらない。うまい。

説明より食べるしかない。

少なくとも、並んでまで食べている人が居るということが、ひとつの答えでしょう。

でも疑問を解くにはやっぱり食べるしかない。

 

お湯割りラーメンが食べられるお店!!

大石家 本店 多治見市 

代表的なお店、というか、このエリアのお湯割りの王様と言うか元祖と言うか

この店を紹介しなくては始まらない。ここの暖簾分けや再現からこのエリアのお湯割りは始まっている。ここを食べなきゃ始まらない。

 瀛客山 多治見市

大石家ほど有名じゃないけど、ここもお湯割り

チャーシューのボリュームは落ちるが、少し安くて、大石家ほどは並ばなくてよい。

おすすめ店だ。そういえば名前!えいきゃくざん、と読みます。

 あきん亭 瑞浪本店
あきん亭 恵那店

あきん亭は瑞浪恵那に店があります。

大石家からの暖簾分けらしい。ここも行列店です。

地元客で行列するってことは、美味いってこと

やっぱりこの辺りのソウルフードなんですよ。お湯割りラーメンの味って

 

他のエリアでもお湯割りラーメン!

長野県

多治見発祥の大石家だが、なぜだか長野県で大量発生しているらしい。

ざっと調べたところ9店舗?!なぜだか本家である東濃より多い。

こちらは食べたことがないからなんとも言えないが、写真を見る限り、同じ系統であることは間違いない。長野が近い人はとりあえずそっちで食べてみて!

松本、諏訪、長野、佐久、伊那、塩尻、箕輪、飯田、にあるようだ。

本当に全域だな。長野のソウルフード化してる。

多すぎるから検索しておくれ!

 

愛知県

どれも大石家インスパイア店と言えるのかな?

ここにあげたのはいずれも有名店、どれも美味いからね。

新谷 守山区
 せきや 名東区
まさ春 南区
 常滑チャーシュー 常滑市

retty.me

岐阜県

東濃以外の地区にもあるのだ。

大石家 可児店

大石家の支店が岐阜県可児市にもあった!

 カフェ ガーデン 岐阜市

最後はちょっと変り種を紹介しよう

 喫茶店でお湯割りラーメン、しかも本格派で美味いものが食べられるのだ。

立地も岐阜駅から一応徒歩圏内だ。喫茶店なので朝9:00からやってるし。

ここなら岐阜に観光がてら行ける。あっ、でも東濃にきてね。

まとめ

東濃の魅力というより、お湯割りラーメンの魅力になってしまっているが

東濃の魅力を知るきっかけになれば!気に入ればいつかは本店、元祖で食べたくなるはずだしね。

ちなみにお湯割りラーメンは他の地域にもあるみたい(千葉県の竹岡式が有名)だけど、ここで紹介したのは大石家が源流になってる(はず)の店ばかりです。

東濃においでよ。