ダメなのは知ってるけど

ささくれ千切っちゃったりする

百均のゴーグル

スポンサーリンク

そういえば欲しがっていたなと、思い出して手に取る。百円均一の品とはいえ一目で違いはわからない。どうせ100円、なんとなくカゴに放り込んでいた。

仕事の帰りにヒャッキンに寄る。必要な物を確保すると、ウロウロと店内を見回る。これが面白い。意外な物やアイデア商品、食品から工具まで多種多様。百円という値段は魅力であり落とし穴でもある。ついつい余計な物までかごに入れてしまう、どうせ、百円だ。そう、使えなくても別に良いのだ。どうせ、の品だ。歩き回っていると季節の特設コーナーにて見つけたのが水中ゴーグルだ。こんなものまであるのかと思う。先日スーパーにあったものと変わらないように見えるが、どうせ、色々なところがよくないのだろう。スーパーで見たものは確か1800円ほどであったはずだ。

スーパーには学校で必要になった品を購入するため来た。水泳の授業が始まる為、配布されたプリントにこれから必要な物が書かれてある。パンツに帽子、輪になってゴムが通してあるタオル。それらを入れる防水のバッグ。必要な物はそれだけだ。同じコーナーに水中ゴーグルも置いてあったが、必須ではないとプリントには記載されている。買っても買わなくてもどちらでもよいと言うことらしい。値札をみると、それほど高額でないはいえ、必要な品のどれよりも値が張った。いずれ必要になったとき買えばよいと考え、カゴには入れずにレジへと向かった。

一週間ほどして体育でプールの授業が行われた。

その日の夜、クラスの半数以上がゴーグルを持ってきていたと、彼は私の顔を見ずに話した。

ヒャッキンからの帰宅し数点の購入品が入ったビニール袋をダイニングテーブルに置き、スラックスをジャージに履き替える為に二階の自室へ入った。

タタタと階段を駆ける音、ノックされることなく乱暴に開かれるドア。感謝の意を早口で捲くし立てる。ビニール袋を勝手に漁ったらしい。彼は握り締めた物の着用をせがんできたので、袋を破り、ゴムひものサイズを調節してやる。調節をしながら、ああ、この辺が100円だなと思った。材質と仕上げがわかりやすく悪い。何度かゴムを引っ張りながらつけてやると、飛び跳ねながら部屋を出て行った。夜、風呂に入るときも着けて来た。明日は体育がある。

どうせ、のヒャッキンゴーグルは、きっと、のゴーグルになった。

少ししか泳げなかったのが、着けるともうちょっと泳げるようになる。その日の入浴時にも手に持って現れ、撫で回しながら語る。きっと、と信じたゴーグルは期待通りだったようだ。

プールで使用し、家では毎日湯につけているから、ゴムが白く劣化して伸びてきている。ひと夏持たないだろう。だからといって、またヒャッキンに足を向ける気にはならない。私自身がきっと良いと思うゴーグルをスーパーで購入することになる。彼はそれを別に気にしないだろうけど。

 

 

ビュー(VIEW) フィットネス スイミングゴーグル 水泳ゴーグル UVカット 曇り防止 柔らかいシリコン 男女兼用 V610 BK